2018/04/04更新

[Git] addした結果を取り消す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加            

こんにちは、@yoheiMuneです。
間違えてgit addした内容を取り下げたい場合に、どうすれば良いかを今日はブログに書きたいと思います。



GitのAddを取り消す

Gitでaddした結果を取り消すには、resetコマンドを利用します。
# 使い方
# git reset HEAD [戻したいファイル名]

# 使用例
$ git reset HEAD app.js
これでステージングからapp.jsが取り除かれて、addする前の状態になります。簡単ですね!



最後に

今日は超ライトなネタですが、やりたい時にいつも調べていたのでブログにも書くことにしました。Gitコマンドを使いこなせると素敵ですね。

最後になりますが本ブログでは、フロントエンド、Swift、PHP、Node.js、Linux、Python、Java、インフラ、Go言語、機械学習、などの技術トピックを発信をしていきます。「プログラミングで困ったその時の、解決の糸口に!」そんな目標でブログを書き続けています。ぜひ、本ブログのRSSTwitterをフォローして貰えたら嬉しいです ^ ^

最後までご覧頂きましてありがとうございました!





こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。