2018/04/02更新

[サーバー] Let's Encryptで複数ドメインに対応した証明書を作成する

このエントリーをはてなブックマークに追加            

こんにちは、@yoheiMuneです。
今日はLet's Encryptで複数ドメインの証明書をまとめて1つ作成する方法を、ブログに書きたいと思います。



目次




Let's Encryptでhttps化が無料でできる

Let's Encryptは、無料のSSL証明書(https化)を発行できるサービスです。具体的な使い方は「[サーバー] Let's EncryptとNginxで、https対応を行う」を参照ください。

今日はLet's Encryptで、複数のドメインのSSL化を1つの証明書で行う方法を説明します。



複数ドメインに対応したSSL証明書を作成する

複数ドメインに対応する場合はcertbotコマンドで、必要なドメイン分だけ-dオプションで指定します。
$ certbot certonly --webroot -w /var/www/html -d example.jp -d www.example.jp
上記の場合、example.jpwww.example.jpに対応した証明書を発行することができます。

また、ドメインごとにドキュメントルートが異なる場合もあると思います。その場合には-wオプションで、各ドメインのドキュメントルートを指定します。
$ certbot certonly --webroot -w /var/www/example/ -d www.example.com -d example.com -w /var/www/other -d other.example.net -d another.other.example.net
各ドメインについて、その前に指定したドキュメントルートが適用されます。上の例だと、ドメイン名www.example.comexample.comに対しては/var/www/exampleが使用され、ドメイン名other.example.netanother.other.example.netに対しては/var/www/otherが使用されます。



参考資料

複数ドメインに対応したSSL証明書の取得方法は、以下にも解説があります。ご参照ください。

https://letsencrypt.jp/usage/#ExecClientSoftware



最後に

wwwがある場合とない場合の両方に対応することは多いと思います。その場合には今回の証明書発行の方法が役立ちます。レッツエンクリプトは便利ですね。

最後になりますが本ブログでは、Linux、Python、フロントエンド、Swift、PHP、Node.js、Java、インフラ、Go言語、機械学習、などの技術トピックを発信をしていきます。「プログラミングで困ったその時の、解決の糸口に!」そんな目標でブログを書き続けています。ぜひ、本ブログのRSSTwitterをフォローして貰えたら嬉しいです ^ ^

最後までご覧頂きましてありがとうございました!





こんな記事もいかがですか?

[NodeJS] nodeで例外処理を書いて、最低限落ちないサーバー実装を行うException Handler
[NodeJS] requestモジュールを使って、サーバーから画像ファイルをダウンロードする
[サーバー] さくらVPSのセットアップ② 〜 nginxのインストール、Jenkinsのインストール、nginxとJenkinsの接続(リバースプロキシ)、nginxとPHP、パケットフィルタリング、など 〜
[サーバー] さくらVPSのセットアップ① 〜 OSの確認、ユーザー作成、Git、Ruby導入 〜
[サーバー] AmazonLinuxにMySQL5.7をインストールする
[サーバー] MySQL5.7でrootのパスワードを忘れた場合のリセット方法(CentOSやAmazonLinuxの場合)
[Go] net/httpパッケージでWebサーバー(handlerの書き方、静的ファイル配信、Basic認証、など)
RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。