2018/05/21更新

[PHP] Laravelでランダムな文字列を生成する

このエントリーをはてなブックマークに追加            

こんにちは、@yoheiMuneです。
アクセストークンの文字列作成など、ランダムな文字列を作成したいことが時々あります。Laravelでは便利な関数が準備されていて、それを使うと簡単に作成できます。今日はそれについてブログを書きたいと思います。



str_random関数を用いてランダム文字列を作成する

Laravelには便利なヘルパー関数が多数(公式サイトへ)用意されていて、その中にstr_randomというランダム文字列を生成するメソッドが存在します。それを使うと簡単にランダムな文字列を作ることができます。
ヘルパー関数はグローバル定義で、どこからでも利用可能です。
# 32文字のランダムな文字列を作成.
$access_token = str_random(32);
引数に作成したい文字数を指定して関数を実行することで、ランダムな文字列を作成できます。



最後に

最近は複数の案件でLaravelを使っていて、Laravelについて日々切磋琢磨しています。Laravelについてブログもいっぱい書いて、しっかりと自分の武器にしていきたいなと思う今日この頃です。

最後になりますが本ブログでは、PHP、サーバー、フロントエンド、Swift、Node.js、Python、Java、Linux、インフラ、Go言語、機械学習、などの技術トピックを発信をしていきます。「プログラミングで困ったその時の、解決の糸口に!」そんな目標でブログを書き続けています。ぜひ、本ブログのRSSTwitterをフォローして貰えたら嬉しいです ^ ^

最後までご覧頂きましてありがとうございました!





こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。