2017/07/06更新

[GAS] Google Spreadsheet にカスタムメニューを追加する

このエントリーをはてなブックマークに追加            

こんにちは、@yoheiMuneです。
最近はGoogle App Scriptを触るお仕事をしています。今日はその中で、Spreadsheetにカスタムメニューを追加する方法をブログに書きたいと思います。
画像


目次




カスタムメニューとは

Google App Scriptを用いると、SpreadSheetなどをカスタマイズすることができ、以下のようにメニューを追加することができます。

画像 この追加したメニューは、選択すると紐づけてあるGoogle App Scriptが実行されるような仕組みとなっています。
具体的な実装を見てみたいと思います。



カスタムメニューを追加する実装方法

Google App Scriptで具体的には、以下のように実装を行います。スクリプトエディタは「ツール -> スクリプトエディタ」から開くことができます。
// Spreadsheetが開かれた時に自動的に実行されます.
function onOpen() {

  // 現在開いている、スプレッドシートを取得します.
  var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

  // メニュー項目を定義します.
  var entries = [
    {name : "DDLを作成"  , functionName : "createDDL"},
    {name : "モデルクラスを作成"  , functionName : "createModelClass"},
  ];

  // 「追加メニュー」という名前でメニューに追加します.
  spreadsheet.addMenu("追加メニュー", entries);
}

function createDDL() {
    /*なんらかの実装*/
}

function createModelClass() {
    /*なんらかの実装*/
}
こんな感じにサクッと便利なメニューを追加できるので素敵です。個人的には、今後も色々と活用していきたい機能の1つになりました。



参考資料

今日のブログを書くために、以下の記事を参考にしました。ありがとうございます。

Class SpreadsheetApp | Apps Script | Google Developers



最後に

SpreadsheetやAppScriptは便利な機能が多いので、使いこなせると他の人の100倍は仕事が早くなりそうです。今後も色々とブログに書き出していきたいと思います。

最後になりますが本ブログでは、フロントエンド・Python・Go言語・Linux・Node.js・インフラ・開発関連・Swift・Java・機械学習など雑多に情報発信をしていきます。自分の第2の脳にすべく、情報をブログに貯めています。気になった方は、本ブログのRSSTwitterをフォローして頂けると幸いです ^ ^。

最後までご覧頂きましてありがとうございました!





こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。