2016/05/25更新

[Python] コマンドライン引数を扱う

このエントリーをはてなブックマークに追加            

こんにちは、@yoheiMuneです。
今日はPythonをコマンドラインから呼び出す際に、引数を処理する方法をブログに書きたいと思います。

画像

目次




コマンドライン引数を扱う

Pythonでコマンドライン引数を扱うのは簡単で、sysモジュールを利用します。

2系3系共通

# arguments.py
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
print(len(sys.argv)) # 引数の要素数
print(sys.argv)      # 引数の内容(配列)
# ターミナル
$ python arguments.py
1
['arguments.py']

$ python arguments.py aaa bbb 123
4
['arguments.py', 'aaa', 'bbb', '123']
sys.argvの1つ目に呼び出したプログラム名、それ以降に指定された引数が格納されています。



さらに実践的に

コマンドライン引数をさらに実践的に扱いたい場合には、argparseモジュールを使うと便利です。具体的な使い方をブログに書きましたので、以下を参照頂けますと幸いです。

[Python] argparseモジュールを使って、コマンドライン引数を本格的に扱う



最後に

今日は簡単にですが、Pythonプログラムのコマンドライン引数の処理方法を記載しました。Pythonはとても便利でバッチ処理などでよくお世話になってます。今後も色々とPythonの機能をブログにメモしていきたいと思います。

最後になりますが本ブログでは、フロントエンドのネタやPythonネタを中心に情報を発信しています。気になった方はぜひ、RSSTwitterをフォローして頂けますと幸いです ^ ^。

最後までご覧頂きましてありがとうございました!





こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。