2013/08/23更新

[AWS] AmazonEC2にnode.jsをインストールする

このエントリーをはてなブックマークに追加            

こんにちは、@yoheiMuneです。
今日は、AmazonEC2にnode.jsをインストールする方法を書きたいと思います。 サーバーとかの環境構築するたびに忘れて調べているので、備忘録的な感じのブログです。

画像



AmazonEC2にnode.jsをインストールする為の準備

まずはインストールする為に必要なモジュールたちをインストールします。今回はAmazon Linuxでの処理を前提とします。
yumで以下のモジュールをインストールします。
$ sudo yum update
$ sudo yum install gcc-c++ make openssl-devel
$ sudo yum git
これで必要なものが揃いました!続いて、node.jsのインストールです。



AmazonEC2にnode.jsをインストール

続いてnode.jsをインストールします。いくつか方法があります。自分に合ったものを選べば良いかとおもいます。
まずは、githubからソースを持ってくる方法です。以下のように行います。

■githubからソースをダウンロードしてインストール

$ git clone git://github.com/joyent/node.git
$ cd node
$ ./configure
$ sudo make && make install
長々と処理が行われますが、以下のコマンドが認識されればOKです。
$ node -v
バージョンが表示されたら完了です。
この方法でなぜかうまく行かない場合は、以下の方法でも良いかもしれません。

■node.orgで管理されているプログラムを持ってきてインストール

# node v0.10.0の場合ですが、バージョンは適宜変えてください
$ wget http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0.tar.gz
$ tar zxvf node-v0.10.0.tar.gz; cd 
$ cd node-v0.10.0
$ ./configure --prefix=/usr/local/node-v0.10.0
$ sudo make && make install
この場合、configureで設定した「/usr/local/node-v0.10.0」にnode.jsがインストールされます。
どこのディレクトリでも使えるように、以下のようにリンクをリンクを貼ると良いです。
ls /usr/local/node-v0.10.0/bin/node /usr/local/bin/node
あと、一緒にnpmもインストールされるので、npmもリンクを貼ると便利かもしれません。
ls /usr/local/node-v0.10.0/bin/npm /usr/local/bin/npm
これでnode.jsのインストールが完了です。



npmのインストール

上記の手順でnpmがインストールできていない場合には、以下のようにするとnpmもインストールできます。

■secure_pathに/usr/local/binを追加

$ sudo su
$ visudo

Defaults    secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/local/bin
そして、githubからソースを取得してインストールします。
$ git clone https://github.com/isaacs/npm.git
$ cd npm
$ sudo make && make install
上記の作業が終了して、以下のコマンドが認識されればOKです。
$ npm
これでAmazonEC2にnode.jsの環境が整いました。



参考URL

今回の作業を行う為に、以下のページを参照させて頂きました。有益な情報ありがとうございます!

AWS EC2にNode.jsをインストールする

node.jsをソースからビルドしてインストール



最後に

ソースからのコンパイルが出来るようになるとなんだかカッコいい♪(´ε` )
サーバーの環境構築をするたびに忘れて調べていたので、備忘録的なブログを書きました。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。





こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。