2017/11/01更新

[Go] 環境変数の取得/設定を行う

このエントリーをはてなブックマークに追加            

こんにちは、@yoheiMuneです。
今日はライトなネタですが、Go言語で環境変数から値を取得したり、値を設定したりする方法をブログに書きたいと思います。



環境変数を取得する

Go言語で環境変数にアクセスするにはosパッケージを利用します。具体的には以下のように実装します。
// 環境変数から値を取得する
key := os.Getenv("MY_API_KEY")
os.Getenvは文字列を返すので、取得できればその値が、取得できなければ空文字が返ります。



環境変数を設定する

環境変数を設定することもできます。以下のように実装します。
// 環境変数を設定します.
os.Setenv("GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS", "/etc/gcp/auth.json")
直感的で分かりやすいですね。こんな感じに環境変数を設定できます。



最後に

今日はライトなネタですがGo言語の実装でした。Go言語は学べることが多くて良いですね。ぜひ良いエッセンスをできるだけ身に付けたいところです。

本ブログでは、Go言語、Python、フロントエンド、Linux、Node.js、インフラ、Swift、Java、機械学習、などの技術トピックを発信をしていきます。「プログラミングで困ったその時に、解決の糸口を見つけられる」そんな目標でブログを書き続けています。今後も役立つネタを書いていきますので、ぜひ本ブログのRSSTwitterをフォローして貰えたら嬉しいです ^ ^

最後までご覧頂きましてありがとうございました!





こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。