2012/07/24更新

[XCODE] UITableViewCellで未読件数などをバッヂを表示する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加            

こんにちは、@yoheiMuneです。
今日は、以下の挿絵のような、UITableViewCellで、未読件数などをバッチ表示する方法を学んだので、 それをブログに残したいと思います(・∀・)

TDBadegedCell sample

TDBadgedCell Readmeより




まずは準備

標準のCocoaフレームワークのUITableViewCellでは、バッジ表示に対応していないため、 第3者が作成したクラスを利用します。
そのクラスは「TDBadgedCell」というクラスで、オープンソースとなっており、 以下からダウンロードすることが出来ます。
https://github.com/tmdvs/TDBadgedCell

ダウンロード先には、XCODEプロジェクトの形で保存されています。
その中から今回必要な、「TDBadgedCell.h」と「TDBadgedCell.m」を取得し、自分のXCODEプロジェクトに インポートします。


また上記2つのクラスを利用する為に、「QuartzCore」フレームワークを追加する必要があります。



実際に使ってみる

TDBadgedCellクラスを使って、バッヂ表示する方法は以下のようになります。
UITableViewDataSourceの「tableView:cellForRowAtIndexPath:」でのUITableViewCellを返却する部分で、 TDBadegedCellを使います。
- (UITableViewCell *)tableView:(UITableView *)tView cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath {
    // TDBadgedCellを作成する。
    // 利用するクラスが違えど、インスタンス作成方法は同じ。
    staticNSString *identifier = @"badegedCell";
    TDBadgedCell *aCell = [tView dequeueReusableCellWithIdentifier:identifier];
    if (cell == nil) {
        aCell = [[TDBadgedCellalloc] 
                    initWithStyle:UITableViewCellStyleSubtitle 
                 reuseIdentifier:identifier];
    }
    
    // メインテキストを設定(普通のセルと一緒のやり方)
    aCell.textLabel.text = @"メインテキスト";
    // サブテキストを設定(普通のセルと一緒のやり方)
    aCell.detailTextLabel.text = @"メインテキスト";
    
    // バッヂ表示を設定する。
    // 設定する内容をNSStringで渡す。
    if (needsShowBadge) {
        aCell.badgeString = [NSString stringWithFormat:@"%d", 10];
    } else {
        // 表示しない場合には、nilを設定する。
        aCell.badgeString = nil;
    }
    
    // セルを返却する。
    return aCell;
}

上記のような実装で、TableViewCellにバッヂ表示を行う事が出来ます。
また、以下のようにTDBadegedCellの色、丸み、陰を指定できるようです。
// 色の指定
cell.badgeColor = [UIColor redColor];
// 丸みの指定
cell.badge.radius = 9;
// 陰の指定
// Cell選択時にハイライトになった際に、陰を表示する。
cell.showShadow = YES;



最後に

TDBagedCellの実装クラスも見てみましたが、drawRectとlayoutSubviewsメソッドを頑張って 実装していることがわかりました。
自分でも拡張したい場合には、この辺を拡張して行けば色々と出来るんだなぁと感じました。

あとライセンスのお話ですが、「TDBadgedCell is a free to use class for everyone. 」との記載があるので、自由に使って良いソースコードのようです。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。






こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。