2012/05/23更新

[XCODE] CoreGraphics 線の太さ・色・形状を変える

このエントリーをはてなブックマークに追加            

今日は、久々にiPhoneネタです。
CoreGraphicsで線を引く際に、色・太さ・形状を設定する方法をブログに記載したいと思います。

Core Graphics Width, Color, Cap




CoreGraphicsとは?使い方は?

CoreGraphicsは、iPhoneアプリ用に用意された描画を行う機能です。
CoreGraphicsのお話や、使うための準備事項、線の引き方など、ブログに掲載しておりますので、 もし良ければ以下が参考になれば幸いです。




CoreGraphicsで線の色を変える

線の色を変えるには、以下のようなコードを記載します。

UIColor *color = [UIColor blueColor];
CGContextSetStrokeColorWithColor(context, [color CGColor]);

または、RGBαを指定する事でも、色を指定することが出来ます。

CGContextSetRGBStrokeColor(context, 0.0, 0.0, 1.0, 1.0);

CGContextSetRGBStrokeColorの引数に設定する内容は以下となります。

引数内容
contextCoreGraphicsのcontext。作成方法は、こちらを参照ください
red赤色指定。0.0~1.0
green青色指定。0.0~1.0
blue青色指定。0.0~1.0
alpha透明度指定。0.0~1.0。1.0が不透明

参照:CGContext Reference CGContextSetRGBStrokeColor

上記のコードはどちらも線を青色に設定するようにしています。Viewに表現した色を指定するにはUIColorを利用すると便利かもしれません。





線の太さを指定する

線の太さを指定するには、以下のようなコードを記載します。

CGContextSetLineWidth(context, 5.0);

うん、これは簡単。第2引数に線の太さを指定すればOKです。初期値は1。これだとちょっと線は細いので、太めに指定してあげるとユーザーには優しいかも。

参照:CGContext Reference CGContextSetLineWidth





線の形状を指定

線の曲がり角でどのような形状にするかを指定出来ます。

CGContextSetLineCap(context, kCGLineCapRound);

第2引数のところに、線の形状を指定します。ここでは曲がり角は丸っとさせています。第2匹数に指定出来る値は以下があるようです。

kCGLineCapButt角を角っとさせる。初期値。
kCGLineCapRound角を丸っとさせる
kCGLineCapSquareこれは先端を角っと。kCGLineCapButtとの違いは実装してみて試してみて下さい。

参照:CGContext Reference CGContextSetLineCap





最後に

CoreGraphicsは最初は、なんて難しいんだこんちくしょー(; ̄ェ ̄)、と思っていましたが、 だんだんと自由に使えるようになると面白いですね。次もCoreGraphicsの何かを身につけよう♪(´ε` )







こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。