2012/05/04更新

[XCODE] UIImageから任意の部分の画像を切り取る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加            

今日はiPhoneの開発ネタで、UIImageから任意の箇所を切り抜いて、 新しいUIImageを取得する方法を記載したいと思います。

Flower Trim Image



UIImageから任意の箇所を切り取る方法

今回は、長方形のUIImage画像から、中心部分の320×320の正方形を切り抜く方法を記載します。
切り抜き元のUIImageと切り抜く箇所を示すCGRectを用意します。
そして、CoreGraphicsの機能を用いて、画像を切り抜くという作りです。
// 切り抜き元となる画像を用意する。
UIImage *srcImage = /* UIImagePickerなどから取得したUIImage */
int imageW = srcImage.size.width;
int imageH = srcImage.size.height;
   
// 切り抜く位置を指定するCGRectを作成する。
// 今回は、画像の中心部分を320×320で切り取る例。
// なお簡略化のため、imageW,imageHともに320以上と仮定する。
int posX = (imageW - 320) / 2;
int posY = (imageH - 320) / 2;
CGRect trimArea = CGRectMake(posX, posY, 320, 320);

// CoreGraphicsの機能を用いて、
// 切り抜いた画像を作成する。
CGImageRef srcImageRef = [srcImage CGImage];
CGImageRef trimmedImageRef = CGImageCreateWithImageInRect(srcImageRef, trimArea);
UIImage *trimmedImage = [UIImage imageWithCGImage:trimmedImageRef];





最後に

画像編集がObjective-Cでできるようになると、アプリの表現力の幅が広がっていいですね(*゚▽゚)ノ また画像編集のスニペットを記載出来れば良いなぁ。
最後までお読み頂きましてありがとうございました。






こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。