2012/05/02更新

[XCODE] UIViewのframeとboundsとcenterの意味を整理してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加            

iPhoneアプリケーションを作成する上で、必ず利用するUIView。そのプロパティのうち、frameとboundsとcenterの意味を学んだので、ブログに残しておきたいと思います。

iPhone frame bounds center description

引用:http://developer.apple.com/library/ios/DOCUMENTATION/WindowsViews/Conceptual/ViewPG_iPhoneOS/Introduction/Introduction.html





UIViewのframeとboundsとcenter

frameとboundsとcenterプロパティは、それぞれ以下を意味するようです。



frame

親View(SuperView)からみて、現在のViewのサイズと位置を保持するプロパティ。上記図では、親Viewからみて、(40,40)の位置に現在Viewの開始地点があり、現在Viewは高さ=380,横幅=240という情報を保持している。


bounds 

現在のViewからみて、現在のViewのサイズと位置を保持するプロパティ。上記図では、開始地点は(0,0)で、高さ=380,横幅=240という情報を保持する。


center

親View(SuperView)からみた、現在のViewの中央位置を保持する。上記図では、現在Viewの中央位置は、親Viewの(160,230)のポイントにあるという情報を保持する。





最後に

ちょっとスッキリした♪(´ε` )UIViewには、様々なプロパティやメソッドがあるけど、詳しい使い分けが分かっていなかったから、ちょっとだけでも解決出来て良かったなぁ。UIViewはiPhoneアプリケーション開発にとって重要なクラスなので、もっと学んでいく事にしよっと。







こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。