2012/03/17更新

[HTML5] Google Web Fontを試してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加            

CSS3のWebフォントを簡単に試せるGoogle Web Fontがあります。
今日はそれを試してみたので、ブログに残したいと思います。
以下が利用した例です。
ソースコードは本ページの下の方に掲載しました。

Simple is Best

For ever Love

That is …





Google Web Fontとは

Googleから提供されるCSSファイルを読み込むと、そこに定義されたフォントが使えるようになる代物です。
以下のサイトから、入手できます。
Google Web Fontのページ
http://www.google.com/webfonts




Google Web Fontの利用方法

以下の手順で利用する事が可能です。
1、利用したいWebフォントを選びます。
2、Chooseボタンを押すと、読み込むCSSソースが表示されるので、自身のソースにコピーします。
3、あとは利用可能となったフォントをCSSで指定します。

以下が利用サンプルです。上記の2と3の利用例です。

<html>
  <head>
    <link href='http://fonts.googleapis.com/css?family=Jolly+Lodger' rel='stylesheet' type='text/css'>
    <link href='http://fonts.googleapis.com/css?family=Revalia' rel='stylesheet' type='text/css'>
    <link href='http://fonts.googleapis.com/css?family=Berkshire+Swash' rel='stylesheet' type='text/css'>
    <style type="text/css">
      .style1 {font-family: 'Jolly Lodger', cursive; color:#990;}
      .style2 {font-family: 'Revalia', cursive; color:#f0f;}
      .style3 {font-family: 'Berkshire Swash', cursive; color:#0ff;}
    </style>
  </head>
  <body>
    <h2 class="style1">Simple is Best</h2>
    <h2 class="style2">For ever Love</h2>
    <h2 class="style3">That is ...</h2>
  </body>
</html>




その他色々と情報

・Google Web Fontは、日本語には残念ながら対応しておりません。日本語対応のWebフォントは貴重ですね☆
・IE6にも何と対応しています。モダンブラウザとそれ以外で記載方法が少し異なりますが、その差異を吸収してくれています。




最後に

英語のみの対応ですが、Web上に好きなフォントで文字を書けるのは良いですね。
色々と使ってデザインをきれいにしたいなぁ。






こんな記事もいかがですか?

RSS画像

もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひRSSへの登録をお願い致します。